豆知識 SDGs 材料

サステナブル素材とは?その種類と特徴や魅力を詳しくチェック

2021/9/21

こんにちは、岡畑興産のはなです。   近年注目されているサステナブルな取り組み。 SUSTAIN(持続する)とABLE(できる)を組み合わせた言葉である「SUSTAINABLE(持続可能)」は、自然にある資源を長い期間維持し、環境に負担をかけず利用していくこと。   環境破壊、資源の枯渇が深刻化する中で、サステナブルな社会の実現のために世界中で色々な取り組みが始められていて、大きなムーブメントになっています。   今回はサステナブルな素材について、その種類や特徴をご紹介します ...

ReadMore

CUSTOMER VOICE

サスティナブルに配慮したもの作り、リサイクルペットから作る人工皮革

2021/9/16

今回は、岡畑興産が長年に渡り、販売代理をしている人工皮革メーカーの帝人コードレさんに『サスティナブル』な取り組みについて色々とお話をしていただきました。   岡畑興産早速ですが、まずは帝人コードレさんについてお聞かせください。   我々、帝人コードレは、帝人フロンティア株式会社の子会社で、不織布、フィルムなどをベースにした人工皮革の製造、販売を行っている会社です。 工場は島根県の大田市にあり、日々、お客様の要望に応えるべく新たな機能・外観の技術開発に取り組み、高いレベルでの品質管理を徹 ...

ReadMore

豆知識 材料

TPU素材とは?メリットデメリット、用途を詳しく解説!

2021/9/16

こんにちは、岡畑興産靴受託事業の伊集院です。   突然ですが、TPUってご存知ですか?   TPUというのは熱可塑性ポリウレタン樹脂(Thermoplastic Polyurethane resin)の略称のこと。 一般的にはTPUという呼称の方が有名かもしれません。   TPU素材は幅広い用途で活用されていますが、実は靴にもよく使われています。   今回はTPU素材について、特徴やメリットデメリット、使用用途など詳しくご紹介していきます!   &nbsp ...

ReadMore

豆知識 材料

ヴィーガン材料とは?その種類や靴に使うメリットを詳しくご紹介!

2021/9/9

こんにちは、靴のOEM商社「岡畑興産」のこじろうです。   近年、サステナブルやエコ フレンドリーはどの業界においてもトレンドです。 特に社会的影響の大きいブランドや企業は、SDGs(持続可能な開発目標)を意識した動きをしています。   そして、ヴィーガンという言葉を耳にすることが増えてきていると思いませんか? 食生活におけるヴィーガンは有名ですが、実は靴に使われる「ヴィーガン材料」も注目を集めているんです。   今回はそのヴィーガン材料について特徴や使用するメリット、種類な ...

ReadMore

お知らせ

ヴィーガンレザーはマジシャンが飛ばす鳩。Engineered Leatherで出来る事。

2021/9/7

サステナブル、LCAが素材選定基準の王様に サステナブルが、”高かろう、悪かろう”だったのは、もはや過去。 タフな環境で高いパフォーマンスを問われる、スポーッシューズでさえ、軽さと強さの両立に加えて、環境対応も当たり前。時には、機能・品質を妥協してでも、サステナブルでない素材は使わない、そんな時代になりました。 バイアス承知で語りますが、このパラダイムシフトのきっかけは、2020年に某N社CEOに就任したJohn Donahoe氏のリーダーシップ。eBayのCEOというキャリアから分かる通り、プロダクトよ ...

ReadMore

お知らせ

ヴィーガン・シューズを作れ???破天荒イノベーションに食らいつく オカハタホンコンからの最新レポート

2021/9/7

岡畑興産フットウェア事業担当役員、米本です。   世界のスポーツシューズ開発、受託生産会社は大別すると、韓国系、台湾系に二分され、台中市に材料販売拠点を置く岡畑香港ですが、(経緯はまた別途)は、もちろん台湾系に強いポジション。 私、米本は、欧米・東南アジアと飛び回る出張をいつものようにこなし、3月上旬に帰台して以来、コロナ禍鎖国の台湾に留まっています。   複数国を跨ぐ取引が多く、リアル出張とWeb会議のハイブリッドが当たり前だったので、素材を触りながらのニュアンスある議論を詰めづらい ...

ReadMore

CUSTOMER VOICE

四日市で作るグランドや気候に合わせたBASF JAPANグレード ウレタン!

2021/9/3

岡畑興産早速ですが、BASFさんと靴産業の関わりについて教えていただけますか?   創業時の社名「Badische Anilin und Soda Fabrik」の頭文字をとった略称なんですよ。BASFの本社はドイツ。 ドイツは、昔から靴産業が盛んでした。靴の製造が時代と共に変化し、40年前頃からBASFウレタンパーツを靴のシャンク部分に採用したり、靴の製造工程でダイレクトインジェクション製法(主に:安全靴・サッカースパイク)が当時のトレンドで全世界の靴工場にBASFの素材を供給していた歴史があ ...

ReadMore

材料

すごいかもしれない、離型剤(テスト品)

2021/9/6

某A社の最新離型材テスト品をソール成型の脱型時で試したのですが、効果絶大。 従来品だと、5回ショットに1回スプレーが必要でしたが、A社品は型離れもよく、30回ショットしてもまだまだ成型が可能。 今回はテストということで、綿棒で塗布しましたが、スプレーならもっと便利だったかも。   「持ちが良いのが本当に助かります。」とは、ユーザーさまの声。   離型効果の持続性が最大の特徴。 脱型の作業も簡単で、工場の作業員のやりくり、生産性が格段にアップしました。   協力いただいた靴工場 ...

ReadMore

材料紹介

脱動物性由来でPFCフリーの撥水性能を合わせ持ったサステナブルなヴィーガンヌバックQ1000PW

2021/8/30

Q1000PWとは? Q1000PWとは、柔らかく、軽量であり撥水性と通気性を兼ね備え、優れた物性を持つ人工ヌバック材です。撥水加工に使われている撥水剤はPFC-FREE(フッ素化合物を含まない)で、環境に優しい原料を使用しています。   加えて、基材となる不織布には帝人フロンティアの登録商標であるECOPET®(リサイクルポリエステル)を100%使用し、かつ動物由来の原料を一切含まない、サステナブルでヴィーガンなレザーです。   Q1000PWの組成  ポリエステル & ポリウレタン ...

ReadMore

豆知識

ミッドソールについて詳しく!素材の種類や特徴を解説

2021/8/29

岡畑興産靴受託事業の伊集院です。   靴底は「アウトソール」「ミッドソール」2つの構造になっていることをご存知でしょうか? 実は地面と接地するアウトソールと、アウトソールとアッパーの間にあるミッドソールに分かれており、それぞれに役割があります。   アウトソールは地面に接着するので機能性や使われる素材というのはとてもイメージしやすいですが、ミッドソールはどんな役割があってどんな材料が使われるかというイメージしにくいのではないかと思います。   そこで、今回はミッドソールに注目 ...

ReadMore

© 2021 岡畑興産の「くつナビ」