豆知識 材料

EVA素材とは?その特徴や使われる製品をご紹介!

こんにちは。靴のOEM商社「岡畑興産」のこじろうです。

 

ランニングシューズのミッドソールなどによく使われる「EVA」という素材をご存知でしょうか。

靴だけでなく日用品にも幅広く使われており、メリットの多い素材でもあります。

 

今回はそんなEVA素材について詳しくご紹介していきます。

 

 

EVA素材とはどんなもの?特徴をご紹介!

EVAとは、Ethylen-Vinyl Acetate (エチレン-酢酸ビニル共重合樹脂)という樹脂の名前の頭文字を取った略称のこと。

柔軟性と弾力性を持った、用途の広い熱可塑性合成樹脂の一つです。

 

−20〜60℃での連続使用が可能で、燃やすと熱分解が起こります。

その際には、酢酸が発生してしまうため注意が必要です。

 

ゴムと類似した性質で、寒くなっても硬くなりにくいという特徴もあります。

 

 

 

EVAを使うメリット

 

①弾力性と柔軟性

ポリエチレン樹脂と比べて、弾力があり、柔軟。

低温下でも硬くなりにくいです。

 

②軽量

発泡体のため空気を多く含んでおり、単純にゴムのみを使ったアウトソールと比較すると、かなり軽量であると言えます。

 

③耐久性

水分に強く、水回りの使用にも耐えられます。

耐光性、耐オゾン性にも優れているので、紫外線にも強いという特徴があります。

 

④環境にやさしく、安全

塩素を含まない材料なので、焼却してもダイオキシンが発生しませんし、リサイクルも容易にできます。

有害物質を含まないため、万が一、小さな子どもが口に入れてしまっても安全です。

 

⑤加工性

靴での主な用途となる発泡や射出に加え、他用途では中空、押出、カレンダー成型、フィルム化できるなど、様々な方法での加工が可能です。

 

 

メリットの多いEVA素材ですが、「熱で変形しやすい」「経年や圧力によって縮む」という特徴もあるため、その点には注意が必要です。

 

 

EVA素材が使われている製品とは?靴用途での使い方もチェック!

 

EVA素材は、生活に身近なものとしては以下のような製品で使われています。

 

・バスマット

・ジョイントマット

・包装材、下地材、断熱材

・土木建築用目地

・パソコンケース

・玩具

など

 

靴では、スニーカーやランニングシューズではもちろん、クロッグサンダルなどでよく見かけますね。

 

このEVAという材料を靴に落とし込んでみたときに、どのような使い方をされるのか、ソールに使われる主な3つの方法もご紹介します。

 

 

プレス成型でのEVAソール

現在のスポーツシューズでは、この使い方が一番多いと言っても過言ではないほど基本的な使いです。

 

一次成型と呼ばれるペレット状のEVAを、実際の形よりも少し大きく、細かい意匠のない外形だけ模られたソール型にします。

 

※一次成型

 

その次に、このパーツを実際に意匠やシボが彫られたモールドにはめ込み、熱プレスで形づけると、EVAミッドソールが完成します。

 

この方法は初期投資として金型代がかかりますが、後述のインジェクションEVAの金型よりも安価で、製品としてのコストもそこまで高くないので、一般的な靴では十分と言えます。

 

 

カットEVAソール

この方法では金型の必要はありません。

大きいシート状のEVAをカットし、アウトソールと貼り合わせるだけというシンプルな製法です。

 

高度な技術の無かった時代からの製法なので、クラシックスニーカーやカジュアルシューズでは今でも見かけますが、機能面や付加価値がつけづらいという面はあります。

ハイパフォーマンスを求めるのであれば、他の方法が良いでしょう(クラシックタイプの根強いファンもいるので、一概には言えませんが…)。

 

EVA自体が単層から複数層ある場合もあり、人の手で貼り合わせるのでコストが多少掛かりますが、材料費用を総合的にみると一番安価です。

 

 

インジェクションEVAソール

射出成型でEVAを発泡させる、インジェクション製法。

 

「プレス成型では出せない角の立たない丸みを帯びた膨らみが出せる」といった、より独創性のあるデザインも実現可能です。

材料から空気を抜くための穴が不要なため、プレス成型では必ず出てしまう小さいイボのようなものがなく、表面もキレイに仕上がります。

 

デメリットとしては、金型からの脱型後も膨らみ続けるので、しっかり抑える必要があり、バラツキが出やすいため高い管理レベルが求められる点があります。

金型費用はプレス金型の約2倍でソール自体の単価も高いので、ハイエンドなモデルへの使用では、検討の価値ありです。

 

樹脂加工とはどんな加工?合成樹脂の種類や活用方法もご紹介!

こんにちは、岡畑興産靴受託事業の伊集院です。 身の回りのありとあらゆる所に樹脂製品はありますが、そもそも樹脂ってどんなもの?どうやって製品の形になるの?という方が大半だと思います。 そこで今回は、樹脂 ...

続きを見る

 

 

EVA素材の特徴を理解して製品選びを

 

EVAとは、Ethylen-Vinyl Acetate (エチレン-酢酸ビニル共重合樹脂)という樹脂の名前の頭文字を取った略称のことで、用途の広い熱可塑性合成樹脂の一つです。

柔軟性と弾力性を持ち、ゴムと類似した性質で、寒くなっても硬くなりにくいという特徴もあります。

軽量で耐久性が高く、多様な加工性、環境にやさしく安全、というようにメリットが多い素材です。

 

生活に身近なものから、スニーカーやランニングシューズまで幅広く活用されており、靴のソールではさまざまな使い方がされています。

 

EVA素材の特徴を知って、製品の選び方にもぜひ活かしてみてくださいね!

 

岡畑興産では、真面目に靴をつくっている会社のブログ「くつナビ」を運営しています。

靴や靴の素材、豆知識などさまざまな知識を発信していますので、是非ご参考ください!

また、靴に関するご質問、ご相談等ありましたら、お気軽にご連絡をお待ちしております。

 

お問い合わせはこちら!

-豆知識, 材料

© 2021 岡畑興産の「くつナビ」