US,UK,EUの靴のサイズを換算!正しい足のサイズの測り方も

こんにちは、靴のOEM商社「岡畑興産」のはなです。

自分の靴サイズを知らない人はいないと思いますが、実際に買った靴のサイズ感がおかしかったことはありませんか?

その靴のサイズ表記はUSサイズでしたか?UKサイズ?

見慣れない表記だと大きさのイメージがしにくく、困ってしまうこともありますよね。

 

今回は、よく見かける海外サイズ表記が、日本のどのサイズに当てはまるのかを解説していきます。

ぴったりな靴のサイズを選べるように、正しい足サイズの測り方も説明しますので、ぜひ参考にしてくださいね。

 

靴のサイズ換算!US、UK、EU...日本ではどうなる?

日本では、靴サイズはセンチで表記していますが、海外ではそれぞれの単位で表記されています。

それぞれ独特の方法で換算されているので、靴サイズのインチ表記を実際のセンチの長さで計算するとなんだかおかしい事に気づきます。

レディスの US 6インチ  の場合、1インチ=2.54cm なので、2.54cmx6インチ=15.24cmの計算になりますが、センチ表記では23.0cmです。

なぜならインチサイズでは特別な基準点があり、計測するときの起点がセンチ表記と異なるからです。

 

計算方法もありますが難解なため省略させて頂き、センチからインチサイズへの簡単な変換方法をお伝えします。

靴を買うときの参考にしてください。

 

US サイズを知りたいときには、センチ表記の1桁目と2桁目の数字を足すことで、USのサイズ(インチ)を割り出すことができます。

例えば、以下のような計算です。

27cm → 2+7=9インチ

29cm → 2+9=11インチ

レディスサイズでは上記に1加えてた数がインチ表記の靴サイズになります。

USとUKのサイズ表記も少し違うので、注意が必要です。

UKサイズの場合はUSサイズの計算から最後に0.5を引くため、例えば22cmなら2+2-0.5で3.5インチになります。

メンズ・レディス両方同じ算出方法です。

 

EUサイズを知りたい時には、センチ表記を2倍して10を引くことで、EUサイズがわかります。

 

一般的にアメリカのブランドの靴は、幅が狭く甲が低いので小さく感じ、イギリスブランドの靴は幅は狭いけれど、甲の高さはそこまで低くありません。

 

レディス シューサイズ
JP 21.5 22 22.5 23 23.5 24 24.5 25 25.5 26
US 4.5 5 5.5 6 6.5 7 7.5 8 8.5 9
UK 3 3.5 4 4.5 5 5.5 6 6.5 7 7.5
EU 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42
メンズ シューサイズ
JP 24.5 25 25.5 26 26.5 27 27.5 28 28.5 29
US 6.5 7 7.5 8 8.5 9 9.5 10 10.5 11
UK 6 6.5 7 7.5 8 8.5 9 9.5 10 10.5
EU 39 40 41 42 - 43 - 44 - 45

 

正しい足のサイズの測り方は?サイズの合った靴を選ぼう!

実際に自分の足のサイズを測ってみましょう。

ストッキングや薄めの靴下を履いた状態で測定するのがおすすめです。

 

実際に自分の足のサイズを測ってみましょう。

ストッキングや薄めの靴下を履いた状態で測定するのがおすすめです。

まず、足が沈まない固めの床の上に紙を置きます。

その上に足の乗せ、肩幅に開いて重心を真ん中にしてまっすぐ立ちましょう。

誰かに手伝ってもらった方が正確に測れますよ。

 

 

足長(サイズ)の測り方

一番長い足の指の先端部分に印をつけます。

次に、踵の一番出っ張ったところに印をつけます。

印と印を結んだ長さが【足長】、足長が靴のサイズになります。

 

 

足囲(ワイズ)の測り方

親指と小指それぞれ一番出っ張っている部分を触って確認してください。

そこを通るようにメジャーを回して、ギュッと締め付けず、ふんわり軽く測ります。

 

 

日本では足囲(ワイズ)をEなどのアルファベットで表し、ワイズ表もあります。

足長/ワイズ   足囲(単位:mm)
A B C D E EE EEE EEEE F G
250 219 225 231 237 243 249 255 261 267 273
255 222 228 234 240 246 252 258 264 270 276
260 225 231 237 243 249 255 261 267 273 279
265 228 234 240 246 252 258 264 270 276 282
270 231 237 243 249 255 261 267 273 279 285
275 234 240 246 252 258 264 270 276 282 288
280 237 243 249 255 261 267 273 279 285 291
285 240 246 252 258 264 270 276 282 288 294
290 243 249 255 261 267 273 279 285 291 297

 

Eから4Eまでが一般的ですが、実は超細い【A】から超幅広の【G】まであり、例えば26.5cmの場合の【A】足囲228mmと【G】足囲282mmでは、5.4cmも違うのです。 同じサイズで5.4cm違えば履き心地は全然違うものになりますね。

 

ブランド、メーカー、製品によって同じサイズ表記でも履き心地が違います。

実際に試着するのがベストですが、ネットショップで靴を買うときにはぜひ参考にしてください。

 

岡畑興産では、真面目に靴をつくっている会社のブログ「くつナビ」を運営しています。

靴に関するさまざまな知識を発信していますので、ぜひご参考ください。

 

お問い合わせはこちら!

-
-

© 2021 岡畑興産の「くつナビ」