CUSTOMER VOICE

オリジナルの靴が、500足規模で作れちゃうなんて夢にも思わなかった

このPVのモデルになったのは、ストライド社のAddictシリーズ。

 

そのこだわりは「ゼロドロップ」と「フットシェイプデザイン」。 この靴作り泣かせな無理難題をいかに乗り越えたのか、ストライド代表の福地さんと、岡畑興産瀧谷に開発秘話・苦労話を聞きました!

 

 

 

自分が履きたかったオリジナルブランドの靴が、この規模で作れちゃうなんて、夢にも思いませんでした。
福地さん

 

瀧谷
何がきっかけだったんですか?

 

アルトラの品質などを相談してた岡畑興産に、ふと聞いてみたんですよ。 スーツを着る機会も多くて、「ゼロドロップ」と「フットシェイプ」だけど、フォーマルでも行けるオリジナルの革靴作れないかなーって。さすがに自作となると大変だし。
福地さん

 

瀧谷
実際、大変で・・・何せ、福地さんは生理学出身の理論家なので、まぁまぁややこしかったです笑。

 

「ゼロドロップ」は初めから ”ヒールついてへんけど?” っていう扱いからスタート笑。
福地さん

 

瀧谷
現場対応力ある北嶋製靴さんに生産をお願いしたのですが、知る人ぞ知るシークレットブーツのトップ企業。その対極にあるヒールのない「ゼロドロップ」に共感してもらうのは、我々の役割でした。

 

「フットシェイプ」も実は大変だった?
福地さん

 

瀧谷
紳士靴にはあり得ない、規格外なオブリーク具合ですからね。あの異常に丸いつま先を、フォーマルにかっこ良く仕上げるのがポイントで。ラスト(木型)も、つま先吊り込み機トー・ラスター調整も一筋縄でいかず・・・ブランドコンセプトを丁寧に説明し続けて、最後はラストメーカー、靴工場の職人芸に助けられました!

 

ラストって?

 

岡畑興産さんは化学品原材料商社なので、最新素材を提案してくれるのも有難いです。
福地さん

 

瀧谷
履き口裏の ”フランネラーナ”やインソールの ”orthlite”は、手前味噌ながら、スポーツ素材のスペシャリストらしい提案ができました。今回は天然皮革でしたが、通気性のある人工皮革も面白いですし、反発素材も取り入れられないかなと思っています。

 

瀧谷
福地さんも一部出演されてる今回のPVの注目ポイントは?

 

打ち合わせ映像はヤラセじゃなくて、Addict2(仮称)のガチ相談笑。 職人さんの手とか表情や、前述のつま先吊り込み機(トー・ラスター)のカスタマイズしすぎて原形をとどめていない異様な存在感、老若男女の多彩な職人さんが動き回ってる感じが、まさにクラフトマンシップ。そこに、最新の素材技術が合わさって、僕ら規模でもすごい靴が作れるっていう。
福地さん

 

瀧谷
Addict2も楽しみにしています。

 

 

岡畑興産 ”こだわりを形に” プロモーション動画
監督・撮影/小関信平
出演/北嶋製靴のみなさん、ストライド福地さん、岡畑興産三反園

 

お問い合わせはこちら!

-CUSTOMER VOICE

© 2021 岡畑興産の「くつナビ」